カタチあるものをキレイに

岩手県北上市の株式会社三田塗装店は
住宅や社屋の外壁や屋根、床など
モノを塗装でキレイにする会社です

十人十色 様々なご要望にお応えします

塗装リフォームも状況、環境、ご予算などで施工が異なります。状況をしっかり確認し、お客様のご要望をよくお聞きしてベストな提案・施工をいたします。

塗料以外にかかる費用は?

足場 屋根塗装・外壁塗装をする際に、設置する必要な作業床です。 養生 塗装しない場所にキズや汚れがつかないようシートなどで覆います。 洗浄 塗装後にはがれやすくならないよう、塗装前に丁寧にカビや汚れを落とします。 ...
費用計算のイメージ

塗装は劣化するとどうなる?

屋根や外壁の塗装が耐久年数を過ぎ、劣化が激しくなると次のような問題点が生じます。 屋根や外装材(サイディング)などの裏側へ雨水が浸入し、腐食や雨漏り、シロアリの原因に。次回の塗装時に修繕費が発生。 塗装が劣化しはがれた屋根 ...
塗装劣化イメージ

塗料の主な種類

三田塗装店でお客様のご要望や建物の状況より、最適なご提案をいたしますが、一般的な塗料の種類と特徴は下記のとおりです。 耐久性のよい塗料はその分高額同じ塗料でも、塗装後の環境(紫外線、雨風、家屋の動き)で耐久年数は変わります。 一般住宅には「シリコン系塗料」 一般住宅には、耐久性と価格のバランスがよい「シリコン系塗料」がおすすめです。 耐久性で選ぶなら「フッ素系塗料」 急こう配の屋根や工事面積が広いと足場代が多くかかります。このような住宅は耐久年数が長い「フッ素系塗料」で長期的な工事回数を減らすことでコストが抑えられる場合があります。 工場などは「遮熱塗料」で環境と光熱費に配慮 太陽光を反射するため、屋根の表面温度の上昇を抑え、室内温度を下げる効果があります。屋根面積が大きく、室内も広い工場などは光熱費削減につながります。 「遮熱塗料」は、コストにもエコにも優しい塗料・施工です。 三田塗装の屋根遮熱塗装施工例はこちらをご覧ください。 ...
塗料イメージ

保証や保険はあるの?

安心リフォーム瑕疵保険 三田塗装店では(株)住宅あんしん保証の「あんしんリフォーム工事瑕疵保険」に加入しております。 この保険はリフォーム施工中や工事完了後に、第三者検査員による現場検査が行われるほか、万が一施工後に欠陥が見つかった場合でも無償で補修することができます。詳しくは(株)住宅あんしん保証ホームページ(外部リンク)をご覧ください。 ...
保証のイメージ

塗装工事が完了するまでの流れは?

1.お問い合わせ・ご相談 1.お問い合わせ・ご相談 塗装リフォームに関するお問い合わせ、ご相談はお電話や当ホームページの問い合わせフォームより受け付けております。お気軽にご利用ください。 2.診断 屋根や外壁など塗装工事する場所の現状を確認させていただきます。診断は30分から1時間程度です。また、建物の図面をご用意していただけるとよりスムーズに診断を行うことができます。 3.お見積り 診断をもとに見積書を作成します。見積もり内容の説明が必要な場合は、見積書を持参し訪問いたします。 4.塗装工事前(打ち合わせ等) お見積りに納得しご依頼をいただきましたら、工事期間や工法、色彩の打ち合わせを行います。色彩についてはカラーシミュレーションのご利用も可能です。工事前に近隣へご挨拶を済ませた後、足場を組み飛散防止の養生を行います。 5.下地処理 高圧洗浄を行い、塗装箇所の汚れを落とします。また、傷みの激しい場所はシーリングなどの修繕作業を行います。 6.塗装工程 養生作業を行いながら、「下塗り」「中塗り」「上塗り」の塗装工程を行います。 7.完成・お引き渡し 塗装工程完了後、お施主様に仕上がりをご確認いただきます。気になる点がありましたらご指摘ください。修正すべき個所があれば修正塗装し、その後お引渡しとなります。 ...
外壁塗装

屋根や外壁、劣化のサインは? 劣化するとどうなる?

ひび割れ(クラック) 紫外線の影響や経年による建物のゆがみで、外壁にひび割れが生じている。 チョーキング(白亜化) 塗膜に艶がなく色褪せている。手で擦るとチョークのような白い粉がつきます。膨れや剥がれ経年により、外壁や木部の塗膜に膨れや剥がれが生じている。 シーリング(コーキング)部の亀裂 外壁パネルの目地や隙間の充填剤が亀裂している。 さび 手すりや外部階段などの鉄部が酸化しさびている。 藻やカビ 屋根や日当たりの悪い外壁に藻やカビ、コケが発生している。 劣化が激しくなると次のような問題点が生じます。 外装材(サイディング)などの裏側へ雨水が浸入し、腐食やシロアリの原因に。次回の塗装時に修繕費が発生。 ...
外壁のひび割れ

塗り替え時期の目安は?

新築から最初に塗り替えする時期の目安は、外壁は長くても10年、屋根は8~10年です。 しかし、日当たりのよい場所・湿気のこもりやすい場所などの環境、屋根や外壁の素材・工法によっても変化します。 2回目以降は、前回使用した塗料の耐久性が塗り替え時期の目安に、その付近で診断することをお勧めいたします。 ...

塗り替えは本当に必要?

塗装の目的や塗料の働きは建物を「きれい」にすることは当然ですが、保護、防塵、防食、防腐、遮熱などもあります。 塗り替えをせず塗装の劣化を放置することで、建物自体が劣化し、雨漏りなどの原因にもなります。 ...
住宅
お知らせ
履歴書のイメージ

社員募集

(株)三田塗装店では社員を募集しております。詳細はお電話にてお気軽に...

ご相談・ご質問・見積依頼 等
お気軽にお問い合わせください

Instagram 三田塗装
Follow me

電話をかける